わらびはだ にきび

わらびはだは、にきび肌、あれ肌、敏感肌でも大丈夫?【公式Q&A】

わらびはだのQ&A

 

ザラザラ肌対策オールインワンジェルとして人気のわらびはだですが、にきび肌、あれ肌、敏感肌でも使って大丈夫なのかは気になりますよね。相性の悪い化粧品を使ってしまって、にきびが悪化したり、肌トラブルになったりするのは避けたいところです。

 

そこで、わらびはだの公式サイトのQ&Aをチェックしてきました。

 

結論から言うと、わらびはだはにきび肌、あれ肌、敏感肌でも使って大丈夫です。使っても大丈夫なだけなく、改善の効果が期待できるそうですよ。わらびはだのにきび肌、あれ肌、敏感肌への効果を成分を見ながら簡単に分かりやすく解説していきます。

 

まずはわらびはだの公式Q&Aをチェック!

 

わらびはだのQ&A

 

上の画像がわらびはだの公式Q&Aになります。ちゃんと「使用は問題ありません」と書いてありますね。さらに「効果も期待できます」とも書かれています。

 

このQ&Aは難しい成分や効果の単語が出てきたので、少し分かりやすく説明してみます。

 

にきびに効く消炎効果とは?

解説するナース

 

消炎効果とは、炎症をしずめる効果のことです。にきびはあまりに身近な症状すぎるので炎症という感じがしませんが、正式名称『尋常性ざ瘡』という立派な炎症です。

 

わらびはだにはにきび対策にもなる成分として、グリチルリチン酸2Kとアラントインが入っています。

 

グリチルリチン酸2Kは、漢方の原料にもなっている甘草の根に含まれる成分です。医薬部外品にも使われるほど、強力な消炎作用がありますが、肌に刺激を与えにくいので敏感肌の方でも安心です。

 

アラントインは、保湿クリーム、ハンドクリーム、敏感肌対策の化粧品、リップクリームなどに入っている成分です。肌のターンオーバーを整える作用もあるので、美白効果も期待できます。

 

わらびはだは2つの有効成分によって、にきび対策ができるのです。

 

あれ肌に効く細胞活性とは?

 

細胞活性が良い状態とは、肌の細胞が正しく働いている状態のことです。

 

私たちの肌は、ターンオーバーという一定の周期で新しいキレイな肌に生まれ変わります。しかし、加齢やストレスによって細胞活性が悪くなると、ターンオーバーの周期が乱れて、古い角質や皮脂などが肌に蓄積されてしまうのです。その結果が、にきびや肌荒れというわけですね。

 

わらびはだには、肌の細胞活性を高める成分として、EGFとアロエベラエキスを配合されています。

 

EGFは日本語では上皮成長因子といい、成分表にはヒトオリゴペプチド-1と表示されるたんぱく質の1種です。アメリカの生物学者スタンリー・コーエン博士が発見し、ノーベル章を受賞しました。EGFは肌の表面になる受容体とくっつくことで、ターンオーバーのリズムを整えたり、アンチエイジングの効果が期待されます

 

アロエベラエキスは、古くからやけどや皮膚病の治療に使われていたアロエから得られるエキスです。肌のターンオーバーを整えて、あれ肌を改善してくれるだけではなく、保湿効果もあります。わらびはだにも配合されているヒアルロン酸の肌への浸透率を良くする効果もあるので、より高い保湿効果が期待できます。

 

まとめ

 

わらびはだは、にきび、あれ肌、敏感肌の方が使っても大丈夫なだけでなく、改善の効果も期待できます。女性のスタッフが本当に納得するまで開発に取り組んだ商品だけあって、実感力の高い豊富な成分が入っていることが分かりました。

 

ザラザラ肌対策をしながら、にきびなどの対策も一緒にできるのはお手軽で嬉しいですね。

page top